ご意見・ご要望
すべての結果を表示

IT'S MORE THAN JUST OIL. IT'S LIQUID ENGINEERING.

  1. ホーム
  2. マリン
  3. 健康、安全、環境
  4. 環境規制/米国Vessel General Permit

環境規制/米国Vessel General Permit

入港中の補給船
私たちの水を守るための継続的な規制審査について理解しています

 

カストロールのリキッドエンジニアは、私たちの海洋環境を保護する規制に適合するよう全力で取り組んでいます。

MARPOL(船舶海洋汚染防止条約)およびIMO(国際海事機関)の規制は、石油および化学物質の偶発的な流出から国際水域を守っています。日常的な航行中に海洋の水位線の下でしばしば発生する化学物質の排出を考慮した新しい法律が策定されているところです。

全世界には5千を超える海洋保護区域が存在しており、極地の水域はますます保護されるようになっています。IMOの海洋安全委員会と海洋環境保護委員会は、極地を航行する船舶に関するガイドラインを発行しました。このガイドラインにおいて、船体の外側にある船尾管ベアリング、シールや主推進部品は汚染物質を漏出させてはならない旨言明されています。無毒性、生分解性潤滑油は汚染物質であると見なされません。

 

US 2013 Vessel General Permit(VGP)

米国環境保護庁(EPA)はVessel General Permit(VGP)の新しいバージョンを公表し、2013年12月19日に発効しました。これは米国の水域に寄港するすべての「船舶」に「環境配慮型潤滑油」(EAL)の使用を義務付けるものです。発効日以降、「米国の水域」に寄港するすべての「船舶」は以下を行わなければなりません:

  • (米国環境保護庁の)Vessel General Permit(VGP)を取得する
  • すべての接水部において環境を破壊しない潤滑油を使用する。技術的に実行不可能な場合を除く。
なぜ変更されるのですか?

(事故による漏出ではない)潤滑油の排出が海洋エコシステムにもたらす影響をEPAが認識したことがきっかけとなってこの変更が行われました。2013 VGPは、鉱物油ではなく潤滑油が海洋に入る可能性のあるすべてのアプリケーションにおいてEALの使用を義務付けています。これは、EALがすべてのアプリケーションを通して環境への影響を大幅に抑制する可能性があるからです。

当社の船舶は対象になりますか?

新しい法律は、建造年に関係なく、長さが79フィートを超えるほとんどの商用海洋船舶を網羅することになります。例外事項があり、EPAのウェブサイトに対象および非対象に関するさらに詳しい情報が掲載されています。79フィート未満のほとんどの商用船舶は、米国環境保護庁(EPA)の小船舶環境規制(sVGP)が発布された場合、それに従うことになります。詳細な情報についてはhttp://water.epa.gov/polwaste/npdes/vessels/Vessel-General-Permit.cfmへアクセスしてください。

「合衆国水系」とは何ですか?

内陸水路とグレートレークスと、米国沿岸から3マイルの全海域内。

現在、環境配慮型潤滑油(EAL)の使用について、どのような方法で確認できますか?

EPAはEAL(環境配慮型潤滑油)について、生分解性であり、毒性を最小限に抑え、生体内蓄積性がない潤滑油であると定義しています。この定義には、OSPAR、Blue Angel、European Ecolabel、Nordic Swan、Swedish Standard SS 1554701に基づいて分類された製品も含まれています。製品は、上述の分類のひとつに適合するか、EPAが規定した生分解、生物蓄積、毒性の基準に適合すればEALとして分類されることになります。

Castrol BioStat、BioBar、BioTac製品レンジはOSPAR(オスロ・パリ条約)に登録されており、US 2013 VGP EAL基準に適合しています。

「接水部」とは何ですか?

EAL(環境配慮型潤滑油)を使用しなければならない「接水部」には、可変ピッチプロペラ、スラスター油圧作動油、外輪船推進器、スターンチューブ、スラスターベアリング、スタビライザー、ラダーベアリング、アジマススラスター、推進系ポッドの潤滑、ワイヤーロープ、浸水する機械設備が含まれます。また、航海中に水に接触する(水に浸る)甲板上のあらゆる設備および、湿式排気を生成する2ストロークディーゼル船内エンジンに使用される潤滑油も含まれます。

「技術的に実行不可能」とは何ですか?

この許可において「技術的に実行不可能」とは以下のように定義されています:

  • 任意の用途について使用が承認されたEAL製品が存在しない
  • あらかじめ潤滑された状態で提供される製品(例:製造時に生涯にわたる潤滑油が塗布され、製造時にEALを一切入手できないワイヤーロープ)
  • 船舶が寄港する港において、メーカーの仕様に適合するEALを入手できない
  • EALへの切替と使用が、船舶の次回の乾ドックまで待たなければならない

EALの使用が技術的に実行不可能な場合、お客様の記録文書においてその理由を説明し、また、環境的に受容されない潤滑剤の使用についてお客様の船舶の年次報告書(Annual Report)に記載しなければなりません。

VGPはどのようにして実施されますか?

EPAは、操船者によるEAL使用の自己報告を信頼しています。お客様は、接水部で使用するすべてのEALについて、船上で安全データシート(MSDS)を所持しなければなりません。

お客様はまた、EAL(環境配慮型潤滑油)が環境ラベル表示(例:DfE、OSPAR、Ecolabel)に登録されているか否かを文書化しなければなりません。さらに、EALの使用がお客様にとって技術的に実行不可能な場合、その理由を記録しなければなりません。

米国沿岸警備隊は船舶に対する無作為検査を実施し、遵守の検証を行うことになります。違反した場合、その重大性と違反頻度に応じ、書面による警告から罰金までさまざまな措置が講じられます。

どのようなカストロール製品が新しい要件に適合していますか?

Castrol BioStat、BioBar、BioTac製品レンジはOSPAR(オスロ・パリ条約)に登録されており、US 2013 VGP EAL基準に適合しています。

新規制について、どのような方法で詳しく知ることができますか?

添付ファクトシートに沿った許可の全文はEPAのウェブサイトhttp://water.epa.gov/polwaste/npdes/vessels/Vessel-General-Permit.cfmでご確認いただけます。VGPのドラフト版はこのウェブサイトでもご確認いただけます。