アーヴ・ゴードン氏- 愛車で1マイル走るごとに世界記録を更新中!

すみません、このビデオを見るには Javascript を有効にする必要があります。

ビデオをローディングしています。

しばらくお待ちください。

    
アーヴ・ゴードン氏が新車のボルボP1800Sを購入したのは1966年のこと。それがゆくゆくどのような未来をもたらすのか、当時の彼は想像すらしていませんでした。50年近くの歳月が経った今でも彼は同じボルボを運転していますが、その過程で、同一オーナーの私用車による走行距離の世界記録を何度も塗り替えてきたのです。最初の記録は1998年に認定された169万マイル(約272万キロ)。さらに2009年には272.1万マイル(約438万キロ)の新記録を樹立しました。彼の旅はそこで終わらず、2013年9月13日、全米でまだ訪れたことのなかった2つの州のひとつであるアラスカ州のスワード・ハイウェイで走行距離300万マイル(約483万キロ)を達成します。
そして驚くべきことに、ゴードン氏と愛車はこれまでなんの故障トラブルに見舞われることなく今も現役で走り続けていて、メーターはすでに320万マイルに迫っています。300万マイルというのはどれぐらいの距離なのかというと、たとえばベンツ社が1886年に世界で最初に製造したモーターワーゲンがその製造日から毎年1万5,000マイル走り続けていたとしても、ゴードン氏の記録には100万マイル以上も及ばないほどの距離なのです。ゴードン氏が愛車のボルボで走破した距離は、全米のすべての道路を最低1回は走った距離に相当します。また、彼はアメリカ以外に9か国を旅しています。
このように長い年月にわたってこれだけの距離を駆け抜け、数えきれないほど多くの場所を訪れる中で、一貫して変わっていないことがあります。彼のボルボのエンジンを守ってきたのがカストロールGTXだということです。ゴードン氏はディーラーに薦められてカストロールを使い始め、GTXは1968年の発売以来ずっと使い続けています。彼は数々の大記録を打ち立ててきた愛車に他のブランドのオイルを使ったことは一度もないし、それを今さら変えるつもりもありません。カストロールGTXは記録に挑んで走り続けてきたゴードン氏の旅に不可欠の要素であり、「エンジンを長持ちさせる」というブランドの約束を忠実に守ってきたのです。むしろ、ゴードン氏と彼の愛車はカストロールブランドが提供する価値をまさに実証する存在と言えるでしょう。私たちは大きな喜びをもって彼の偉業を称え、これからも共に旅を続けてゆきます。