アストンマーチンをサポート

カストロールは、すべての潤滑油の性能が試される究極の地「ニュルブルクリンク24時間レース」(N24)で、アストンマーチンと共に戦えることをうれしく思います。2014年6月21日~22日に開催されたこの耐久レースでは、極めて厳しい環境の下、カストロールとアストンマーチンは力を合わせて限界を押し広げる機会を与えられました。

アストンマーチンでモータースポーツを統括するデビッド・キングは、「2014年のニュルブルクリンク・レースにカストロールをパートナーとして迎えることができ、非常に光栄です。今回の協力体制は、世界に認められたカストロール――それ自体がモータースポーツを象徴するブランドである企業とわが社との長年にわたるパートナーシップの延長線上にあり、互いにプラスとなるものです。」と語っています。
アストンマーチンに長年オイルを供給してきたカストロールが、この英国高級スポーツカーブランドに供給するのは、チタンFSTTM(チタン油膜強化技術)により史上最強のオイル被膜を実現するカストロールエッジ。このオイルは、世界で最も名高く困難なサーキットのひとつでレースに臨む「V12Vantage GT3」と「V8 Vantage N430」に求められる性能と耐久性を提供します。

「カストロールは、世界で最も過酷なレースのひとつでアストンマーチンをサポートできることを誇りに思います。ニュルブルクリンク24時間レースは参加チーム数が非常に多く、戦いは激烈です。しかし同時に、非常に刺激的なレースで、アストンマーチンにとっても、わが社の史上最強のオイル、カストロールエッジにとっても、最高の性能を示す素晴らしい機会になります。」とカストロールのグローバル・スポンサーシップ・マネージャーであるドナルド・スミスは述べています。