REACH

REACHの目的は、カストロールの健康、安全、環境ポリシーと一致します

REACHは、化学物質の登録、評価、認可、および制限に関する欧州連合の規制です。 2007年6月1日に施行され、単一のシステムを有するいくつかの欧州指令や規制に替わるものとして導入されました。

REACHにはいくつかの目標があります。 
  • 化学薬品がもたらす可能性のあるリスクに対する、人類の健康および環境の保護を向上する
  • 化学薬品を市場に送りだす人々に対し、化学薬品の使用に関連するリスクを理解して管理する責任を課す
  • 欧州連合(EU)の化学産業の革新性と競争力を強化する
  • 物質の危険性を評価するための代替方法を促進する
  • 欧州連合の内部市場における物質の自由な循環を保証する

影響を受けるのは誰でしょうか。

REACHは、製造メーカー、輸入業者、配合メーカー、ユーザーなど、化学製品のサプライチェーンに係わる全ての人に影響を与えます。 この規則によると、EUの製造業者、および、化学物質や調剤、あるいは成形品が含有し放出することを意図した物質の輸入業者は、市場に出荷される数量が年間で1トン/法人を超える場合、当該物質を登録する必要があります。 

EUを拠点にする輸入業者は、REACH規則に完全に準拠する法的責任があります。ただし、EUへの輸入量が年間1トン/法人未満の物質の場合は、事前登録や登録の必要はなく、REACHはこれをカバーしません。

なぜREACHなのでしょうか。

REACH規則は、約40の既存の規則を置き替えたものであり、他の化学品関連の法律と重複したり抵触したりすることのないよう考案してあります。 他の種類の化学品類を規制する既存の法律(例:化粧品、医薬品、殺菌剤)や関連法(例:化学品を取り扱う労働者の健康と安全、製品の安全性、建設用製品)は、そのまま継続します。