化学品の分類および表示に関する世界調和システム (GHS)

GHSとは何でしょうか。

GHSは、危険物の表示に関する国際的な包括システムを提供することにより、人類の健康と環境の保護をサポートします。 国連加盟国は、業界の代表者や主な利害関係者と協力し、「世界調和システム」(GHS)として知られる、分類と表示に関するシステムを定義し、世界的に使用するために取り組んできました。

GHSの主要目的は以下の通りです。
  • 化学薬品の国際的な取引を容易にし、人類の健康と環境の保護を強化するために、有害な化学薬品の分類と表示について統一した基準を有すること
  • こうした危険性について、包装ラベル上の標準的な記号とフレーズ、および安全データシート(SDS)を用いて、ユーザーに知らせること
新しい法令が導入し、GHSをヨーロッパ、米国、ブラジルで施行します。 GHSに関する詳細は、の国連経済委員会のセクションでご覧いただけます。
unece.org.
  • カストロールのラベルおよびSDSは、GHSの改訂を反映しており、カストロール製品を扱う関係者に対し、有害な化学薬品を表示します
  • ラベルおよびSDSの特徴は、新しいピクトグラム、有害判定、安全情報です。
  • 段階的に変更を導入するため、すべてのラベルとSDSが同時に変更の影響を受けるわけではありません

安全性は、カストロールの全事業の中心にあります。

カストロールの目標は、最高の品質と安全性で製品を開発し、供給することです。 欧州、米国、ブラジルでは規則の変更を求めていますが、カストロールでは規則の変更をグローバルに段階的に行っています。カストロールは、顧客が最新の安全性と準拠規格に従い、業務を行うことを確実にしたいと願うからです。

現在の省令の下で使用される新しい危険標識記号は、赤いひし形の中に描かれた9つのGHSピクトグラムで置きかえる予定です。

詳細については、カストロールのGHSパンフレットをダウンロードしてご覧ください。