ガスタービン制御バルブのワニス化

カストロールのPerfecto XPGは、信頼性と稼働率を劇的に改善しました。

2基のGE Frame 9FAガスタービンは、許容しがたい頻度で故障が起こっていました。 補助クリーニングシステムを導入しましたが、システム清浄度は不良であり、Moogのサーボ制御バルブを潤滑するオイルの中の全不溶解物レベルは、極めて高いものとなりました。 度重なるトリップの結果、予期せぬ運転停止が起こり、減産と取引上のペナルティーをもたらしました。 

カストロールのPerfecto XPGの導入後、システム内の全不溶解物は、直ちに著しい減少を示しました。 システム清浄度が向上し、ワニス化の問題は解決し、信頼性と稼働率は劇的かつ持続的に改善しました。