風力タービン運転と保守

カストロールリキッドエンジニアは、風力発電業界の課題の克服に貢献します

潤滑剤テクノロジーは、今日、風力タービンの高効率的な運転を安心して継続する上で重要な役割を担っています。
カストロールは、ワールドクラスの潤滑剤と製品サポートサービスを通して、30年以上にわたって風力発電業界をサポートしてきた実績があります。 カストロールは、何千もの風力タービンに潤滑剤を提供しています。 カストロールの親会社であるBPは、米国内で最大級のウインドパークの所有者であり、その総発電量は約2,600MWに達します。これは、米国の平均的な家庭775,000世帯に十分な電力を供給できます。 この実績より、カストロールの製品とサービスの有効性を評価して、現代のテクノロジーの要求を満たすよう調整します。 

カストロールは、自社の実績とメンテナンスマネージャーとの密接な協同作業から、資産効率の向上、稼働時間の最大化、運転停止時間の削減が重要であることを認識しています。 風力タービンが直面する過酷な課題を想定し、最適な潤滑剤の選択は、風力タービンの稼働時間を延長して、設備寿命まで高効率に稼働することができます。