クルマのお手入れについて

適正なオイルが車にもたらす効果とは

オイルなんて、どれも同じ。あなたはそう思っていても、車には違いがちゃんとわかるのです。エンジンオイルの役割とカストロール エッジによる車のメンテナンスについて詳しく見てみましょう。

オイルは車の中でどんな働きをするの?

オイルはエンジン内部の全ての部品を覆って保護します。

エンジンの部品同士が擦れあう時、いかに大きな圧力や負荷がかかろうとも、オイルは常に部品と部品の間にあって摩擦を低減します。また、オイルに含まれる特殊素材が燃焼成分の微小な粒子を浮遊させて汚れや沈殿物の付着を防ぎ、高温による酸化から守ることでオイルの流れをスムーズに保ちます。

各メーカーは自社の車に合った適正なオイルを指定しています。取扱説明書に書かれた適正規格は、通常は取扱説明書に記載されています。

カストロール エッジはどんな働きをするの?

カストロール エッジに使われているチタンFST(油膜強化技術)は油膜を強化させることが実証されています。それによって金属部品同士が強く擦れあう時の保護膜としての性能が高まり、摩擦が低減されてエンジンから最大限のパフォーマンスを引き出します。

メーカーが推奨するオイルはどうすればわかるの?

メーカーはあなたの車のエンジンに合った適正なオイルの規格を取扱説明書に記載しています。

アメリカ石油協会(American Petroleum Institute、API)と欧州自動車工業会(European Automobile Manufacturers Association、ACEA)が現代のエンジンに求められるパフォーマンスの変化に応じて定期的に発行する一連の品質規格を通じて業界基準が定められています。

テクノロジーの限界を押し広げようとするメーカーの中には、オイルに追加的な性能特性を求める場合があります。車に対する保証を維持するためにも、メーカーが設定するガイドラインに従うことをお薦めします。

カストロール エッジはどんな働きをするの?

カストロール エッジは大手自動車メーカーが推奨するオイルで、多くの新車が工場を出る際にカストロール エッジを充填されています。取扱説明書に書かれた指示を確認して、あなたの車に合ったカストロール エッジ製品をお選びください。

オイル交換はなぜ必要なの?

オイルはエンジン内部のストレス要因と常に戦っています。エンジンが最も加熱される部分の熱、燃焼中に発生する酸、微粒子、水分など化学的な要因、そして現代のエンジンに求められる大きなパワーやスピードなど物理的な要因に対抗しているのです。


各メーカーはこれらのストレス要因と推奨するオイル品質のバランスを検討した上でエンジンの適正な保護とパフォーマンスを提供する適切なオイル交換頻度を提示します。各メーカーのオイル交換頻度は取扱説明書に記載されています。最近の車の中にはオイル交換の時期がメータパネルに表示されるものもあります。


オイル交換を行う際にはフィルターも併せて交換すると良いでしょう。オイルフィルターはオイルがエンジン内を循環する際に捕獲した汚れや燃焼の副産物を集めます。新鮮なオイルと新しいフィルターに同時に交換することで愛車のエンジンをベストコンディションに保ち、最大限のパフォーマンスを引き出すことができます。

カストロール エッジはどんな働きをするの?

カストロール エッジはメーカーや業界のテストで要求される規格を上回る品質を誇ります。さらに、カストロール エッジにはチタンFST™(油膜強化技術)が採用されています。この技術が金属面同士の摩擦が低減され圧力増加に対してオイルが反応するため、次のオイル交換まで安心してエンジンに最大限のパフォーマンスを期待できます。

オイルレベルはチェックすべきなの?

オイルの消費量は車によって異なりますが、一つだけ共通点があります。オイルレベルが低いまま走行すると、設計者が想定した以上のストレスがオイルにかかり、オイルとエンジン両方の寿命を大幅に縮めかねません。

オイル量は、ボンネットを開けてオイルレベルゲージを使って測ります。オイルレベルゲージの位置や最適で安全なオイルチェックのやり方が取扱説明書に記載されています。最近の車には電気的にオイルレベルセンサーを搭載してエンジンオイルを満タンにすべき時期を表示するものもあります。