カストロールの理念

現在、自動車産業の大きな流れの1つとして「省燃費」を挙げることができます。では、なぜ今、「省燃費」が大きく注目されているのでしょうか?それは大きく分けて2つの理由があります。

環境への配慮

地球温暖化、大気汚染などの環境破壊の一因として「自動車の排気ガス」が挙げられています。われわれの快適な生活を、さらには次世代の人々のためにこれ以 上の進行を食い止めなければなりません。しかし、一方、自動車という交通・運輸手段は、われわれの生活や産業と切り離すことができません。 
今、自動車産業ができることは、できる限り排気ガスの放出量を少なくし、環境への影響を低く抑えることです。すなわち、より少ない燃料で自動車をより長く走らせることができる「省燃費」が重要となってきています。 

石油資源の確保

石油資源は自動車の燃料としてだけでなく、電力などのエネルギーや生活必需品の原材料としても利用されており、われわれの生活や産業には欠くことのできな い重要な資源となっています。この石油資源をより長く、有効に利用する1つの方法が自動車の「省燃費」です。 

ILSAc(潤滑油国際標準化及び認定委員会)規格・スターバーストマーク

「ILSAC GF-5」は省燃費性の持続性とエンジンを保護するというエンジンオイル本来の性能が低下することのないよう、オイル消費・高温下での酸化安定性に対する要求性能において厳しい基準が課せられていることが特長です。 
EnERGY CONSERVING (エネルギー保全)から RESOURCE CONSERVING (天然資源保全)へ 
高い省燃費性能によりCO₂(二酸化炭素)を低減すると共に、排気ガスを無害化する触媒の性能維持新基準を新設し、エンジンオイルでも環境対策に貢献します。