事業内容とこれまでの歴史

すみません、このビデオを見るには Javascript を有効にする必要があります。

ビデオをローディングしています。

しばらくお待ちください。

当社の紹介

カストロールは、グリースと自動車・工業・海洋業・航空業・石油探査と生産関連のサービスを提供する世界中に顧客を持つ世界トップのプレミアム潤滑油メーカーです。

本拠点は英国にあり、40カ国で直接ビジネス活動を展開し、世界中に7000人の従業者がいます。その他に100以上の市場で第三者の流通業者によって当社の製品がローカルなレベルで販売されています。カストロールの物流ネットワークは2000の流通業者とエージェントとパートナーシップを組み、800の港を含む140カ国をカバーしています。

カストロール マグナテック

カストロールはパーソナル・商業用・工業用などあらゆる用途に合った潤滑油を提供しています。自動車の潤滑油商品はマニュアルとオートマチックのトランスミッションフルード、チェーン用潤滑油とワックス、冷却剤液、サウスペンション液、ブレーキオイル、グリース、クリーナーとメンテナンス商品などがあります。当社は農業機械、製造工場、一般工業、海洋工学などに使用されるオイルも製造。すべての商品が国際レベルで化学物質の登録がされており、使用されている国々の規定を遵守しています。
  • 自動車潤滑油:消費者用に開発されています。潤滑油、特殊製品(ギヤーオイル、グリースとその他の付属品)や自動車、モーターサイクル、大型トラック、鉱業と農業用の自動車を含む商用車のためのサービスを提供しています。
先駆的テクノロジーの先頭を走る当社は世界中に13のR&D(研究開発)センターを持っており、毎年何百もの新製品の開発テストを実施しています。

我々は業界トップのOEMsと協力し、特定な運転状況と環境に合わせて開発した潤滑油など、幅広い商品を提供しています。多くの商品は大手のOEMsと共同開発したもので、世界中の車メーカーのOEMsに推奨されています。

カストロールの歴史

カストロールはCharles “Cheers” ウェイクフィールドによりCC Wakefield&Companyの名称で設立されました。1899年に39歳だったチャールズがVacuum Oilの仕事を離れ、汽車や重機械用の潤滑油を売る新しい会社を始め、20世紀に入ったころ、チャールズは2つのモダーンな機械に興味を持ちました-それは自動車と航空機でした。チャールズは自動車と航空機が必要とする低温から非常に高温な状態まで機能し続けられるオイルの開発を始めました。ヒマシ豆から作られる野菜オイルであるヒマシ油を加える手法でうまく機能することを発見しました。彼らはこれらの新製品を“カストロール”と呼びました。

新しいモーターオイルの発明で新しい市場を開拓した後、チャールズは商品に注目を集める新しいツールを開拓し、先駆者となりました。航空機のイベントや自動車レース、そして地上最速記録を破ろうとするドライバーのイベントなどでカストロールの社名がバナーやフラッグに登場。チャールズは各自動車メーカーのエンジンに合うオイルを開発し、製品ラインを増やしました。

1960年には「カストロール」の名前が会社の設立者よりも認知度が高くなってきたため、会社の名称は「CC Wakefield & Company」から「Castrol Ltd.」に変更。

一方、カストロールの研究者はエンジン潤滑の多様で複雑な課題をより深く追求し、最新技術を使った研究施設を英国のBracknellに開設。その後、1966年にカストロールがBurmah Oil Companyに買収されましたがカストロールは自動車と航空機だけに全てのエネルギーをかけたわけではありませんでした。1967年に進水した当時世界で最も豪華な客船だったクイーンエリザベス2世でもカストロールの潤滑油が使用されていました。

1980から1990年代にかけて、カストロールは革新的な新技術を使った商品を提供し続けました。2000年にBurmah-CastrolはBPに買収され、BPグループ系列企業となりました。

最近では、2012年に火星のミッションを始めたキュリオシティローバーでカストロールインダストリアルの潤滑油(グリース)が使用されました。カストロールのオイルはホイールからカメラまでの部品がスムーズに機能できるように手助けをし、大きな役割を果たしました。使われている潤滑油(グリース)はマイナス80℃~204℃までの温度範囲で使えるように開発されています。

カストロールの成功のカギは設立者チャールズ・ウェイクフィールドの哲学にあると言えます。彼は良いパートナーシップを組むことが双方の成功への近道と考えたため、顧客から助言と励ましをもらい、カストロールの様々の潤滑油の開発に臨みました。これは、今日のカストロールでも同様に見られるものです。

サーチャールズ ウェイクフィールドの肖像

ウェイクフィールドモーターオイルの’カストロールブランド’への登録は1909年

豪華客船クイーンエリザベス2世が就航